FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、土地も目星がついて家の方向性も決まり、予算内に収まりそうだとなりました。
05-01.jpg
そこでさっそく間取り図を作り直し。建てる家は敷地面積30坪。トレーニングルームの梁は強めにしてもらってサンドバッグをつるせるように&トレーニングルームの壁を防音に。このあたりをメインに契約することになりました。
0807・外観
外観イメージはもちろんホームページにも使用した「黒猫館」を再現することが大前提!w 僕は車は乗らないんだけど、友達や親戚用にカースペースもつけておきます。


さて。こんな時期に言っちゃった、言っちゃいけない言葉が二つ。
「数十万円入った定期預金の通帳どこやったっけ。 」
「銀行用の認印ってどこやったっけ。 」

ああもう‥‥。ホントいっつもいつも自分のマヌケさがイヤになる。ホントにしっかりモノの褐色執事が必要ですよねw
物欲はすさまじいんだけど金銭欲が実に薄くて。自分の年収も覚えてなくて、土地の仲介業者さんとローンの話とかするごとに「年収いくらだっけ」といちいちメモ取り出さなきゃわからないぐらい適当でして。
お金っていうのは結局「ほしいものを買うための数字」にしか感じなくて。お金はもちろん欲しいけど、それは要するに「ほしいブツを手に入れるための数字が大きくなるといいなぁ」って意味で。だからお金なんてたまらない。お金がたまる人は金そのものが好きな人なんですよねー。

とか言ってる場合じゃない!会社の自分の席まわりにほったらかしにしてた可能性すらあるので(なんでだ)、仕事を終えた後に自分の席をひっくり返して探しても出てきません。いやもうどうしたものやら。この定期預金とは別に国債での積み立てもしていたんですけど、それは支払い手続きをしてもお金が振り込まれるまで1,2ヶ月かかりますw 土地の頭金は次の日曜だよ!
で。結局土地契約の前日になってもまだ見つからず、社長に話してお金を貸してもらいました‥‥。社長と言っても左うちわってわけじゃないんで社長がわざわざ消費者金融でお金を借りてそれを又貸ししてくれていました。ホントに申し訳なく、有り難い限り(´Д`;)

‥‥それにしてもしみじみと感じるのは、家を買うとか建てるとかってのは大人の人のすることだなぁ、みたいな。
「お住まいになられるご家族は?」「近場に小学校がある方がいいですよね?」「リビングは?」「キッチンはやはり対面式だと奥様が」とか聞かれたり、さらにはローンだのご実家からの援助だの地下室はピアノルームですかだの。 もうホントに立派な社会人の成す事業なんだにゃーとか他人事みたいに感じたりしますw
「入り口はおもちゃギャラリー、まるでお店だけど他人は入れません!」だの、「町にゾンビがあふれかえってもバルコニーから戦えるように玄関にバルコニーは必要です」だの「ここ模型部屋!壁に換気扇つけてエアブラシで塗装!」だの「地下室作って床の間が抜け道になってて、廊下に落とし穴つけると寝ぼけて落ちそうだからやめておきます」だのほざく施主は‥‥ねえ。うん。アレですよ。いないんだなぁ、と思いましたよ。ましてや「定期預金の証書、「樹海の歩き方」って本にはさんだような気がしてめくってみたら「特別付録・遺体遭遇マップ」しか挟んでなかった」なんてほざくやつは居ないわけっすよ。
‥‥ま、別にいいよね本人が幸せそうならそれでも。そっとしといてあげようぜ!大人なんだから。
スポンサーサイト
土地か中古物件か。探し初めて一ヶ月弱で意外とすんなりよさげな土地を見つけました。
場所は埼玉、三方角地で南向きの前が大きめの道路。敷地もかわった形じゃなくきれいな長方形です。駅から徒歩15分と一通りこちらの要望がそろっていました。
あとはこの土地代プラス建築費用で地下室つきの家が建てられるかどうかが肝心。

間取り図080628
その敷地にあわせて作ってみた間取り図です。
この間取りぐらいの家を、予算から土地代を引いた金額で作ってくれる建築業者さんを探し始めました。
‥‥が。これが難しい!

建築相談
なんかですね、地下室建設やってます!という業者さんを調べて連絡しても「地下室を作るには水が出るし高くつくし地上に同じ広さの部屋作る方がいいですよ」とかならず及び腰になるんですよねw
「地下室は湿度もありますしいいことないですよ?なんで作るんですか?」的なことを言われるものの。「だって地下室はロマンじゃないですか!」と言ってもなかなか納得してもらいづらいw
やってくれる業者さんでもやっぱりけっこう高くつく。6畳間・8畳間ぐらいの部屋をひとつ足すだけでも数百万円プラスになりますねw

‥‥地下室があれば、サンドバッグを吊るトレーニングルームとしては防音性や床の丈夫さからバッチリだし、さらに地下への隠し通路などワクワクだらけで楽しみだったんですが。予想はしていたものの敷居が高くて(地下なのに)地下室にこだわる限り予算内での希望物件はまぁ無理か、とわかってきました。
ここで逆に考えてみました。地下室を諦めることで他の望みが大体叶うんじゃないか、と。これまでにも書いたように家でやりたいことはいくつもあって、その中の大きなひとつが地下室だったんで、それだけはガマンしようか、と。そう決めたら間取り図もいじりやすくなるし予算内にも収まりそうで、やっぱり何事も取捨選択は大事だなぁ、と思いました。
そんなわけで6-7月にかけての土地探しでしたが。
「黒猫館にリフォームできそうな中古物件」探しと同時に
「うまく地下室を掘れるような安い土地」探しを行いました。

中古物件は‥‥。探しててよーくわかりましたが、僕の望むような
一般家屋はありませんねw
おもちゃギャラリーだとか地下トレーニングルームだとか色々と。
リフォームうんぬん以前に似たものすら見つかりません。
‥‥もちろん世の中にはあるでしょうけど、予算内ではとてもとても。

色々見てまわった中古物件では、このみとは違うものの面白いところが
ひとつありました。
一階がガレージ、2,3階が普通の住居で4階も一部屋だけですがあります。
あくまで一軒家なのに4階建てで窓からはこんな高い見晴らし。
まるでマンションw
03-00.jpg
面白いけど階段のみなんで歳をとったらかなり大変そうですねw


中古の家を見て周った結果、やっぱり土地に新築を建てるつもりで
探そう、と決めます。土地は築20-40年ぐらいの家が建った状態での
売却が多かったです。住もうと思えば住めなくもないものの今後何十年
住むことになるのでやっぱりきちんと建て直すのがベター。そうなると
建物を取り壊すだけで100万円ほどかかってしまいます。
03-04.jpg
安い土地はやっぱり線路の裏側というのが多いですね。でも僕は個人的に、
狭い土地で隣接する家が多いと裏の家やお隣の騒音が気になったり
逆にこちらの音が近所の迷惑にならないかと気になってしまう方なんで
それなら不可抗力の電車の騒音の方がまだ住みやすいぐらいです。

03-02.jpg
もしくは完全に入り組んだ細道の奥にある土地とか。あじさいや雑草、
茂みが生い茂ったり、ご近所の人が小さなナス畑とかキュウリとかを
植えてしまってるぐらいに誰も住んでない歴がうかがわれるような
土地なんかもw
03-01.jpg
誰かが捨てたカーペットも風化して雑草が突き破ってますw
‥‥これめくると‥‥大自然の息吹といいますか、なんかワラワラと
色々と出てきそう‥‥。
て言うか、今はその土地が4メートルの幅がある車道に隣接してないと
家を建てちゃダメって法律がありまして。そんな自動車一台もまともに
通りづらい土地なんかにはもちろん建てられません。‥‥そんなところ
紹介されても‥‥。

03-03.jpg
それにしても安い土地=狭い土地だと必ず問題になるのがご近所問題。
ここも奥まった場所ながら車道に隣接しているので工事は問題ないものの、
すぐお隣さんがすさまじい土地でした。
この写真の家は築30年でさらに外観からもボロボロでかなり長く人が
住んでいない廃屋で。なぜそんな長い間誰も住まず買われなかったのかと
言いますと。‥‥見ての通り、明らかに人が入れないように茂み?か
何かが積もってますよね。これ実はこの家の庭木が切り倒され、その倒した
木をそのまま入り口のところに積んで枯れさせ、さらにそこに茂みが
かかっている状態です。
ちなみにこの土地はこんな感じの場所に位置します。
03-05.jpg
この図のCが売り出しの土地。表通りの道に対して奥まった場所に
あるわけですね。Dのお宅は隣接するものの入り口が離れているので
やっぱりお隣さんといえばAの家です。AとBは同じ人が住んでるようで
同じ家扱いです。
さて、そのA(B)の家のトラック・車がこのように中央からはみ出して
止まっているんでCに住むとなると自動車を停めるどころかまず工事の
車両すら停められません。もしここを買い、家を建てるとなるともちろんこちらに
はみ出したトラックをどけてもらう必要があります。
この土地に案内してくれた仲介業者さんがそのお隣の初老の女性に
話しかけたところ‥‥。

「あー、Cはずっと住んでいないわねー、トラックはあと1,2年ぐらいしたらすぐどけますよー、2、3年したらすぐどけるけどねー、すぐにねー。4,5年かしらねー。車をとめるために自分の家の壁を撤去してあげたのよ、ほらそこの壁、まぁCのところも門構えを壊したら車も入るだろうけど人道的に許されないわよねえ、Cのところに車をとめると私のとこのトラックが出入りできないから停めるなんて許されないわねえ人道的に。え、この道?AB、C、Dとで四つに分けてあります、登記?‥‥うんうん、そうそう。登記してるか?うんうん。ええ、ややこしいこと言う人いないから大丈夫、Cを工事するならトラックや車はどけてやるから大丈夫、ややこしいこと言う人いないから、トラブルいままでなかったから。うちのところいいでしょ、まぁ私のとこが一番最初に住んだからねえ、こうなってもしょうがないわよねえ、Cの家の木はうちの庭に入り込んで、いやもう家にあたって(ざっと見て7,8メートルの距離があるから絶対届かない)害虫や消毒とか大変だったから切らせてもらったのよー。工事にこの通り道の承諾書が必要(法的に必要・無いと工事許可申請が下りない)?そーややこしいこといわなくてもまぁみんな大丈夫だから、Dさんもいい人だから。もうね、ややこしいこと言う人なんてね、あ、20年ぐらい前に住んでたCさんは家をうちの方にむけて窓を作ってたからね住みにくかったみたいでね。家をつくるときはそこをもうちょっとアレした方がいいんじゃないかってね。人道的にね。 」

‥‥とまあ、こんな具合でww  こりゃ誰も移り住む人なんていませんよw
ご近所付き合いはホントに大事ですねw
家を作るとなると、外せない・外したくないポイントとして
「黒猫館(おもちゃギャラリー)」
「和風の庭と面した和室・縁側」
「ヒミツの地下トレーニングルーム」
あたりがありました。
他には、
「車に乗らないので駅から徒歩圏内」
「お風呂はなるべく豪華に」
「できれば屋上が欲しい」
など。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
この条件で新築注文住宅にしようと思うと‥‥もちろん
予算がいくらあっても足りませんw
まずは一番予算の大きい地下室が可能かどうかを
色々と調べてみました。

その流れで地下核シェルターも個人で作りやすい時代だと
わかりましたw 家一軒建てるかわりに2Kマンションぐらいの
広さの核シェルターを作って、地上は駐車場として貸し出し
するのもアリかも、なんて考えたりもw これだと家にいる間に
いつ核戦争が起こっても安全ですw ただし、近所の小学生から
もぐらの家だーやーいやーいとバカにされること請け合い。

それで地下室ですが。昔に比べてかなり安くなったとはいえ
やっぱりお金がかかります。それに施工業者さんが少ない!
やってる業者さんでも「地下室を掘ると水が出るから、
同じ広さの部屋を上に作る方がはるかに安いよ」と
あまり薦めないという意見が多数でした。
あえて作ると、地上をかなり抑えて作るとギリギリ作れなくも
ないかな、ぐらいにお金がかかります‥‥。

地下室が無理ならわざわざ新築にしなくても中古の安い家を
買って、一階入り口の部屋を黒猫館にリフォームすると安く
すむのでは、とも考えます。

そんなこんなを踏まえて、「黒猫館にリフォームできそうな
中古物件」をメインに、「うまく地下室を掘れるような安い土地」も
念頭に置きながら6月から7月にかけて色々と探してみました。

(続く)

リロード

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。